手向山八幡宮宵宮祭・奉納舞

手向山八幡宮 
厳しい残暑がつづいておりますが、
長月も半ばを過ぎ・・・、
まもなくお彼岸の入りとなります。
各地では、
秋のおまつりのシーズンとなりました。
ここ、私の地元・・・、奈良きたまちでも、
10月5日に手向山八幡宮のおまつりが催されます。
手向山さまは、
あまり知られていませんが・・・、
奈良に都が移されたときに、
都を護るために、筑紫の宇佐八幡様を勧請されて、
東大寺とともに三笠山のすそ野に安置された神様です。
その宵宮祭が地元の氏子代表の方々により、前日の10月4日の夕刻に行われます。
私どもも、氏子の一人として縁をいただき・・・、
午後4時から毎年地歌舞の奉納をさせていただいております。
奈良の三笠の山野に楚々と建つ手向山さまでの奉納は、
悠々としたなら独特の歴史の流れを感じさせていただきながら・・・、
あたかも過去と現在が交錯するかのような
貴重な体験をさせていただきます。
初秋のやわらかな夕日が差し込んだ拝殿は、
とても奈良らしい場を作り出します。
今年は、娘の若瑞とともにお勤めをさせていただきます。
よろしければ・・・、
ご参拝くださいませ!
***********

手向山八幡宮宵宮祭・奉納舞
◆日時・・・   10月4日(火)・午後4時から
◆場所・・・   手向山八幡宮拝殿
◆奉納演目
地歌 神楽初          山村若女
地歌 山村舞          山村若瑞

※どなたでもご自由にご参拝いただけます。

‐ 手向山八幡宮 ‐

大きな地図で見る

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3148

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。