菊の寿

   地歌   菊 の 寿

  明け暮れに 菊の葉の御法を誦して

          酌(く)むは流れの菊の水

      峰の初花 谷の月 

  夜半の嵐に梳(くしけず)り 旦(あした)の雨に髪洗う

          その春秋の幾めぐり

      花の姿の老知らず 七百歳の昨日今日

  岩根の菊の花筵(むしろ)
          
          汲めや掬べや歌いつ舞いつ

      なお喜びの増さり草

  寿ぐ身こそ楽しけれ

      寿ぐ身こそ楽しけれ

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_2953

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。