小簾の戸考 -その1-

地歌 こすのと(小簾の戸)

 

萍(うきくさ)は  思案のほかの誘ふ水 

                恋が浮き世か  浮き世が恋か   

     ちょっと聞きたい松の風

     〔合の手〕

 問へど答へも山時鳥(やまほととぎす)
    
                月やはものの遣瀬(やるせ)なき

     〔合の手〕

癪(しゃく)に嬉しき男の力   

              じっと手に手を何にも言ばず

      二人して釣る蚊帳(かや)の紐 

 
                                   

                                 芸妓首のぶ(1761~?)作詞
                                   
                                 峰崎匂当(生没年祥)作曲

                                 地歌 本調子 端歌もの

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3015

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。