すり鉢考 -その1-


『すり鉢』

今度、住まいのミュージアムでの座敷舞の会で舞わせていただく曲です。
おかしな題名の地歌(上方唄)です。
実は、このすり鉢には相棒が居ます。
もちろん、
連木(すりこぎ)です。
お台所につきものの この二人・・・?。そう、二人なんです。
すり鉢と連木を、人・・・つまり、男女に見立てて歌った曲が、
『すり鉢』であり、
その打ち合わせ曲として作られたのが、『れん木』です。

―   すり鉢  ―
海山を  越えてこの世に住みなれて  比翼連理と契りし仲を
けむりをたつる賤の女が  心ごころに逢わぬ日も
逢う日も夜は一人寝の  暮を惜しみて待つ山かずら
昼のみ暮らす里もがな

―   れん木   ―
奥山に  あまた切り出すその仲に  比翼れん木といつなれ初めて
けむりの種と大原女が  心つくしに送る日の
重荷も何の厭うまじ  君を頭に頂き連れて
足なら摺り子木八瀬の里

この二つの曲を並べて歌詞を見ると面白く、
昔の人の粋な遊び心に こころ躍らされます。
このすり鉢とれん木は、実際に一緒に合わせて演奏し 楽しんだようです。

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3083

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。