下咲む・・・しあわせ

『 笑う』の古語は、『咲く』という言葉からきているようです。
花が咲くようすは、
誰の心をも やわらかくし、
心にしあわせをもたらしてくれます。
笑いの力が籠っているのでしょうか?
人の幸せは、花に似ています。
自分も気が付かないうちに喜びや幸せの『種』が、
心の片隅に宿り、
何かをきっかけに、ふと・・・、
その『種』が芽吹き、育ち、小さな花を咲かせることに気がつくことがあります。
その時に、
ふと、喜びの微笑みを浮かべます。

藤田真 H.P『草花の詩』  

                   藤田真 H.P草花の詩より

その微笑みを『下咲む』 (したえむ) と、いいます。
なんともかわいらしい言葉でしょう!
大きな大輪を咲かせる花もあれば、
人知れず、そっと咲く花もあります。
どちらも大切な幸せをもたらしてくれます。
ふと・・・、
わたしは、
どれだけの種をまき、
花を咲かせているのだろうか?
いえ、
花が咲いているのを見つけることができているだろうか?
と、
自分を振り返りました。
たくさんのいろんな花を咲かせて、
幸せを送れる・・・人になれたらいいなあ・・・、と切に思いました。

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3139

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。