わらべうたフェスタ・上方舞ミニライブ

 第20回 わらべうたフェスタ~上方舞ミニライブ~

平成24年10月21日午後2時から

会場・奈良町さんが車座

 

 

 

上方唄 鳥刺し       山村 若日女

 

        鷹の餌にする雀を捕った鳥刺し(職人)の姿をユーモラスに描いた舞で、
        小鳥づくしの非常に可愛らしく楽しい作品です。

 

 上方唄 京の四季      春増 理沙


東山の夜桜、夏の加茂川の夕涼み、
長楽寺の紅葉、円山の雪景色から顔見世の櫓…と、
京都の四季の風情を歌った明るく華やかな舞です。

 

 

長 唄 浦島        石川  翼

昔話でおなじみの浦島太郎伝説を舞踊化にした作品です。
竜宮から玉手箱を貰って帰ってきた浦島の
乙姫への払いきれない恋心をあざやかな
2枚扇で表現したあと、
玉手箱を開けると・・・。

 

 

地 歌 蛙        蛇・・山村 若乙女

            蛙・・山村 若日女

蛇に呑み見込まれそうになった蛙が、
口からでまかせのうそを言って命拾いをする・・・
ユーモラスなイソップ物語のような作品です。

 

 

上方唄 御所のお庭     山村 若女

 

御所のお庭の右近の桜と左近の橘から始まり、
雛祭りの官女、雪遊び、渡辺綱の鬼退治と・・・
テンポよく次々と舞わけていく楽しい作品です。


わらべうたフェスタチラシ表 わらべうたフェスタチラシ裏 


記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3218

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。