山村流地歌舞 第11回 なら 玉響の会

写真・地歌鉄輪3
地歌舞 鉄輪  山村若女
山村流上方舞-地歌舞-は、
上方の町人が武家文化(能楽
)に影響を受け、
町人文化・芸術の花『象徴』として創り
上げたものです。
200余年の歴史をもち、
豪商文化・芸
術から広く上方の大衆文化として愛され、
継承発展され
続け、谷崎潤一郎などにより再評価されました。

日本の伝統文化・芸術の発祥と揺籃の地、奈良で地歌舞を知っていただき、
普及したいと始めた舞の会です。
昨年1
0回の記念公演を終え、
今回11回目!新たな一歩を踏み
出します。より質の高い地歌舞をめざします!

皆様に存分に楽しんでいただける舞の会を提供したいと
れぞれ趣の異なる演目をそろえました。

今回、私は、久しぶりに能から取られた本行ものの地歌舞『鉄輪』と、
終演に、
ご宗家様と廓の男女の色事の風情を描い
た・・・
『世界』にてご一緒させていただきます。

たくさんの方のご来場をお待ちしております!
第11回玉響の会チラシ
**********

【 山村流地歌舞 なら 玉響の会 】
◆日時:11月29日日曜日・午後2時開演

                 午後4時半終演予定
◆演目◆
松竹梅      山村若瑞
          木村佳乃子
 
道中双六     山村若日女
 
秋の調べ     山村若乙女
鉄輪       山村若女
     *****
からくり的    山村若瑞
世界  特別出演 六世宗家
          山村友五郎
         山村若女
◆鑑賞料:6,000円(学生3000円)

玉響の会お申込みの方は、こちらをクリックしてください!


奈良県新公会堂・能楽ホール

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3329

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。