鮭釣り体験旅行(^-^)/

先日、北海道へ鮭つりに家族で行ってまいりました。
実際に行くまでは、川で鮭を釣るとばかり思っていました。
ところが・・・、大きな思い違いでした。
どこで釣ったと思います?

浜辺です!

ゆったりとした浜辺に竿を立てて、鮭を釣ったのです。
まさか、浜辺であんな大きな魚が釣れるとは思いもよりませんでした。
川での釣りは規制があり、一般の人たちは禁止されているそうです。
自分の生まれた川に帰るため、鮭たちはその川の匂いを求めて浜辺を彷徨うみたいです。
その鮭の道をねらって秋刀魚の付いた針を投げ、鮭が食いつくのを待って釣竿をタイミングよく揚げて、鮭を釣ると言うわけです。
浜辺一面に、下の写真のような釣竿が整然と並んでいました。
070926_053847_1.jpg
通常一人で、5.6本の竿を立てて釣るようです。
私たちは8本の竿を立て、ひたすら鮭が秋刀魚に食いつくのを待ちました。
25日の夕方に竿を立て始め、一旦ホテルに寝に帰り・・・、
翌朝、白々と夜が明ける5時ごろからその日の3時ごろまで・・・。
大方、丸一日の釣り体験となりました。
釣れました。
なんと、5匹釣れました。
5匹ですよ。メガホン
少ないと、お思いでしょうが・・・、
とんでもないダメ
私たちの両隣の地元の漁師さんたちは、全く釣れていなかったんですよ。
坊主です。
悲しいお気の毒なぐらい!
北海道の海にも異常気象の影響の波が押し寄せているようで、今年の海は魚が全く釣れず、
不漁が続いているようです。
台風に大雨の影響で、土砂の入った川の水が海に流れ込み海の様相が変わり、鮭の道も変化しているようです。
そんななかの、5匹は、たいしもんです力こぶにっこり
070925_162318.jpg
  見てください!
  体長80センチ近くある立派な鮭です。
  新巻き鮭にしたらおいしそう!
  オスかな?メスかな?
  メスならば、この時期は筋子がお腹の中に・・・!
  食べるなら、
  オスのほうが身がしまっていておいしいそうです。
  この漁法で釣った鮭は、
  傷が付かず、
  高級料亭行きとか・・・。
            
070926_094002.jpg
  
  

まるで自分が釣ったみたいに・・・!
得意満面のかお!にっこり!
『早く!写真とって!』
いえいえ・・・、
私は、日焼けを避けて椅子に腰掛け、
ひたすら待っていました。
ごはん晩ご飯のおかずを・・・。

とにかく、一日が長かったです。
ひたすら、鮭を待つ一日は・・・。
とにかく、北海道の九月の浜辺は寒かったです。
お彼岸だと言うのに連日30度を超える関西から来た我々にとっては・・・。
あまりの寒さに、浜辺に落ちている流木を集め焚き火炎をし暖をとった次第です。
丸一日焚き火にあたっていた私は、おかげで落ち込み燻製状態になりました。
私の燻製はあまりおいしくないと思うけど・・・アウト
やっぱり食べるなら、スモークサーモンでしょっ!OK

久しぶりに雄大な海を眺め、ゆったりとした一日を過ごすことができました。
朝早く起きたおかげで、こんなご褒美もいただきましたよ。

070926_060127.jpg

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_2888

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。