手向山八幡宮宵宮祭奉納舞

今年も、10月4日の手向山八幡宮さまの宵宮のお祭の日に、

舞の奉納をさせていただきます。

今回、地歌『山村舞』の奉納を勤めくれるのは“若綾女”さんです。

私は、地歌『萬歳』を奉納させていただきます。

『萬歳』は、寛永年間(1624~44)につくられ古い地歌で、

京都の禁裏に伺候した大和万歳の「柱建」「えびす舞」「京之町」などの

各種の万歳歌をつないだものです。

舞の振りも楽しく、華やかな、ご祝儀の地歌舞です。

特に、「オランダ万歳」とよばれるものは、お箏の音色が華やかで美しく、

きっと神様にも喜んでいただけるのでは?と思い、選ばせていただきました。

長かった夏に終わりを告げ、ようやく秋の気配が感じられるようになってまいりました。

みなさま、よろしければ奉納舞とともに、

春日の山の麓に楚々と佇んでいらっしゃいます八幡様での初秋をお楽しみにお越し下さいませ。

********************************

手向山八幡宮宵宮祭奉納舞

●日時  10月4日(木)午後4時より

●場所  奈良・手向山八幡宮拝殿

●演目  地歌・萬 才  山村 若女

        地歌・山村舞  山村 若綾女

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_2889

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。