第33回 ならまち格子の家上方舞鑑賞会

遅かった春・・・、
奈良にもようよう桜の季節がやってきました。
道を歩いていると、
あちらこちらから 薄紅色のさくらの花が顔をのぞかせ始めました。
待ちにまった春・・・、
四月は始まりの季節です。
しあわせは、うの方向から・・・、
卯月は、みんなの心をうきうきさせてくれます。
やさしいさくらの季節が終わると・・・、
元気な若葉の季節を迎えます。
季節の移ろいと共に、
日本中に元気の芽がいっぱい吹き出したらいいなあ!と強く思います(^ー^)/
さて、
ならまち格子の家上方舞鑑賞会のお知らせです。
今回で、33回目を迎えますが・・・、
演目は、
私、若女の・・・  地歌 縁の綱
そして、
若瑞の・・・     箏曲 千鳥の曲 
地方、演奏は、
菊央 雄司 社中 です。
華やいだ奈良でのひと時を、
美しい地歌の音色と共にお過ごしくださいませ。
※ならまちの詳しい情報は、こちらからようこそならまちへ

f0209122_13411770.jpg  
 

***********

平成23年春公演
第33回 ならまち上方舞鑑賞会
●日時・・・  4月24日(日)午後2時開演
●会場・・・  
ならまち格子の家・2階
●主催・・・  (財)ならまち振興財団
●鑑賞料・・・  500円
●予約・・・  (財)ならまち振興財団に直接お電話ください。
TEL0742-27-1820 
―  演 目  ―
地歌  千鳥の曲          山村 若瑞
 演奏  初   音          菊央 雄司 他
地歌  縁 の 綱          山村 若女

naramachi_koushinoie_18.jpg 

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3120

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。