日本舞踊協会関西支部奈良ブロック・舞踊の会

若葉の美しい季節となりました。
春日の山に薄紫の藤の花房が楚々と揺れはじめます。
さて、恒例の日本舞踊協会の奈良ブロック・舞踊の会の御案内です。
昨年は、平城遷都1300年の記念と、四十回の記念公演が重なり、
賑やかな会を催させていただきました。
今年は、第41回として新たな第1歩の始まりです。
私は、今回お開きに、
長唄 『老松』 を 舞わせていただきます。
『老松』は、
長唄が歌舞伎から離れて素の演奏用として作られた最初の曲で、歌詞は謡曲の「老松」から取材したご祝儀曲です。
老松のめでたさから始まり、松に因んだ風景や風物などが変化のある曲調で展開され、
全体の上品さの中にも艶のあるものとなっています。
その他の主な番組の御案内を申し上げます。

**********
日本舞踊協会関西支部奈良ブロック
第41回公演  舞踊奈良の会
●日時・・・ 平成23年5月22日(日)・午前11時開演
●会場・・・ 奈良県文化会館国際ホール
―  番  組  ―
長唄   老   松          山村 若 女
荻江   鐘 の 岬          若柳 吉 麗
長唄   四季の山姥          藤間 志 葉
長唄   近江のお兼          若柳 澄 栄
地唄     雪            川口 翔 英
常磐津  東都獅子           藤間 祐希樹
長唄   外 記 猿          若柳   夏
清元   青 海 波          藤間 巡 子
清元   長   生          水木 歌鶴代


※ チケットのご入用の方は、下記MAILへお問い合わせくださいませ!
wakame_yamamura@yahoo.co.jp

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3127

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。