手向山八幡宮宵宮祭奉納舞・報告


本日、手向山八幡宮宵宮祭での奉納舞を無事に終えさせていただきました。


写真 (13)             

氷室さんのお祭りが雨の時は、手向山さんは晴れると言うから!と
今年は晴れると確信していましたのに・・・、
朝から小雨が降り出し少し不安を隠せずにおりました。
しかし、
お昼過ぎには、
雲の間から晴れ間を見せ始めました(^-^)!
雨のおかげで、
例年は、まだ汗ばむ頃ですが、
涼しい秋風の中での奉納となりました。
演目は、
私は、今年の奉納の舞納となる、地歌“松竹梅”、
今年の門人代表は、若乙女・・・“山村舞”でした。
奈良の地で舞う“松竹梅”は、格別な思いがありました。
日の本の御代を寿ぎ、平和を願う美しい歌詞をかみしめながら、
心を籠めて舞わせていただきました。
お越しいただいた皆様に心より感謝を申し上げます。
下記写真は、若乙女が山村舞を舞うところです。
写真 (15) 
 

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3213

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。