第26回 ならまち格子の家上方舞鑑賞会

第26回 ならまち格子の家上方舞鑑賞会―秋公演―

 

残暑厳しい日が続いておりますが、

みなさま、いかがお過ごしでいらっしゃいますか?

そろそろ、涼しい秋が恋しくなってきました。

でも、確かに秋はすぐそばまで来ています。

ならの夜は少し気温が下がり始め、

昨夜は、虫の音に耳を傾けました。

秋を感じ始めたところで、格子の家での上方舞の鑑賞会のお知らせです。

年に2回…春と秋の公演ですが、

今回は、秋の公演のご案内です。

秋深まり 奈良らしさがよりいっそうます好季節の-霜月-

日本の文化の香りが漂う 落ち着いた格子の家で…

しっとりとした山村流の地歌舞を ――

ぜひ、ご鑑賞ください。

限られた空間で 限られた人たちでの鑑賞会です。

座席に限りがございますので、お早目のお申し込みをお奨めいたします。

      ●日時 平成19年11月18日(日)
            午後2時からの1回公演

     ●会場 ならまち格子の家 2階 

     ●主催 ならまち振興財団

     ●演目 地歌舞 『八 島』   山村 若 女

          地歌舞 『竹の縁』   山村 若綾女

          地歌演奏『面 影』   
 
          ※地方  唄・三絃  菊寺 智 子
                 箏     菊萌 文 子

     ●お申し込みは、直接ならまち振興財団へお電話ください。
           
           【TEL】0742―27―1820

記事URL:https://yamamura-wakame.com/blog_3003

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。